おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。
おすすめ情報

プリザーブドフラワー、今やメジャーな存在になったが、実はこのプリザーブドフラワー、ひとつ、一輪の値段が高い。
このプリザーブドフラワー、例えて説明するとみずみずしいミイラ。ドライフラワーの方がミイラっぽいのだが、加工してシワシワにしていないというところで、半分造花のような存在なのだ。。
おすすめ情報

生の花を薬で脱色して、防腐剤や色素を注入するなどの加工をして、生の花のような新鮮さをずっとキープさせている技術も進歩して、バラが主流だったプリザーブドフラワーだが、今では大きなひまわりのプリザーブドフラワーなど他の種類の花も出てきている。触って壊れてしまうんじゃないかと慎重になってしまう値段でもあるのだが。生花の本物より長けている点は、やはりもちが長い。花の命が長い。というところ。有名なフラワーアーティストのショップで、プリザーブドフラワーのバラ一輪が箱に入ったギフトボックスが1万円するのを見たときから、なんだかプリザーブドフラワーへの興味とか好意とかが半減してしまった。もうちょっと早く今の家に移ることが想定できていたら、結婚式のブーケをプリザーブドの加工をしてもらって保存してもよかったかなと思う技術でもある。
でも、その費用は何十万。ブーケ以上のお金が出せるかというと、ちょっと無理。