群馬県|整骨院での橈骨下端骨折

当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。
■該当件数1件 | 1 |
TOP > 群馬県 > かわうちはり灸整骨院

撓骨下端骨折

整骨院での橈骨下端骨折



橈骨下端骨折とは・・・

橈骨とは前腕(手関節と肘の間)を形成する二本の骨のうち橈側(親指側)を形成する骨です。
この橈骨の遠位端(手関節のすぐそば)の骨折のことを撓骨下端骨折といいます。
手をついて転倒した際に骨折することが多く、どの年齢でも起こりえますが、特に高齢者に多い骨折です。


治療・・・

治療はエコーで確認した後、ギプスでしっかりと固定を行います。
念のため連携している整形外科へレントゲンを撮りに行っていただきます。
後は、ギプスに穴を開けさせてもらいその穴から
超音波やLIPUSという器械を当てていき治療をしていきます。

このことにより治癒のペースが格段にあがります。
ギプス固定は長く見て1ヶ月ほどになります。